空腹で筋トレをしてはダメ!!その理由と対策。

空腹で筋トレをしてはダメ!!その理由と対策。

こんにちは。tatsukiです。

あなたは空腹で筋トレをした際のデメリットについて
知っていますか??

僕は筋肉をつけることにおいて、空腹で筋トレをすることが
一番ダメな事だと思っています。

理由は、

体を動かすエネルギーがないのに筋トレをしてしまうと、
逆に筋肉が減ってしまうからです。

具体的にいうと、体はエネルギーとするものがないと筋肉を分解してエネルギーに変えてしまうのです。

なので今回は、筋トレをする際に空腹状態で行う方、栄養補給の時間が取れない方向けに

空腹状態で筋トレした際のデメリットとどんな対策を取るべきなのか

について書いていこうと思います。

空腹がダメな3つの理由

基本的に、筋肉をつけたいのであれば空腹状態は避けるべきです。
それには次の3つの理由があります。

1.筋肉が分解される

運動をするためにはエネルギーが必要となります。

空腹で筋トレをしてしまうと、筋肉を分解してエネルギーにしてしまうのです。

これでは筋トレの効果が現れにくいですよね?

筋トレをして逆に筋肉が細くなってしまいかねません。。

2.力が出ない

筋トレというのは、筋肉に負荷を与える行為です。

そのためには膨大なエネルギーが必要なのですが、

ここでエネルギー不足であると、力が出せるわけが無いのです。

せっかく筋トレの時間を設けて行なっているのに、非常にもったいないですよね?

3.低血糖症を引き起こす

空腹状態での筋トレは低血糖症を引き起こす原因となります。

体を動かすエネルギー源として、主に炭水化物が使われます。

炭水化物は主に筋肉にグリコーゲンというエネルギー源となり蓄積され、このグリコーゲンが運動時にエネルギーとして、消費されます

炭水化物を摂らずに筋トレをすると、グリコーゲンが枯渇状態の為、低血糖症になるのです。

低血糖症になると、疲労感、めまい、震え、脱力感などの症状が現れます。
これだと筋トレどころではありません。

空腹を避けるようにして、筋トレに臨みましょう。

どうすればいいのか?

時間がないのであれば、

・あらかじめコンビニで食べ物を買っておく
・前日、おにぎりなどを作っておく
・プロテインなどサプリメントに頼る

ことが対策としてあげられます。

また、運動時の食事は1時間前に済ませておくのがベストだとされています。

詳しくはこちらの記事に書いてあるので参考にしてみてください。

まとめ

以上のことより、空腹で筋トレをすることはよろしくありません。

これからどんどん筋肉をつけて、マッチョになりたい、モテたいんだという方には、なおの事です。

筋トレの効果を最大限得られるように、空腹状態での筋トレはしないようにしましょう。

細過ぎるコンプレックスを筋トレにより解消したい方必見!!

”たった半年で筋肉を5kg増やす❗️” 今ブログでは ●必ず成果を出す、あなたの筋肉が「最短で付く食事法」 ●簡単に作れる「オススメ食事メニュー紹介」 などについて書いています❗️ 思うように筋トレの成果が出ない、ガリガリでかっこ悪いと悩んでいる方はぜひコチラから⬇️