脂肪を付けないようにする3つの事

脂肪を付けないようにする3つの事

こんにちは。tatsukiです。

今回は脂肪を付けないようにする3つのこと

を紹介していきます。

筋トレをしていて、何も考えすに食事をとるともれなく脂肪も付いてきます。

僕は筋トレは始めた当初、白米ばかり食べていました。

白米を食べれば体がデカくなると思っていたからです。

結果、体は大きくなりましたが肥満体型に近い体に仕上がりました。。

筋肉を増やしたいのに、肥満体型になってしまっては本末転倒です。

せっかく筋トレをするならかっこいい体になりたいですよね?

今回は筋トレを始めて高重量が扱えるようになってきたけど、脂肪も一緒についてきたという方向けに書いていこうと思います。

この記事は食事にフォーカスして書いていくので、参考にしてもらえれば幸いです。

ある程度の脂肪がつくのは仕方がない

筋肉を効率よく付けるならある程度の脂肪がつくのは仕方がありません。

なぜなら、筋肥大において体に大量のたんぱく質と適量の炭水化物が常に満たされていないといけないからです。

高強度な筋トレをして筋肉をつけようとすると、どうしても栄養過多な状態が必要なので多少の脂肪がついてしまいます。

しかし以前の僕のように白米だけ食べていてはダメです。
それでは脂肪を大量に増やすだけになってしまいます。

ここで大事なポイントは3つ。

・高タンパク低脂質な食事をとる
・炭水化物ドカ食いをしない
・夜食NG

です。

これらに気をつけることで、脂肪がつきすぎる状態を避けることができます。

そして筋肉中心に増やしていくことができるでしょう。

気をつけるべきこと

先ほど伝えた3つのポイントについて書いていきます。

・高タンパク低脂質な食事をとる

筋トレをするなら、栄養補給は必須です。

そこで意識すべきは高タンパク低脂質な食事なのです。

しっかりと脂肪を抑えた食事をすることで、体につく脂肪を減らすことが可能です。

引用元:https://smartlog.jp/59914

・炭水化物のドカ食いをしない

空腹状態から炭水化物をドカ食いしてしまうと、急激な血糖値の上昇が起きます。

すると大量のインスリンが分泌され、体が脂肪を溜め込みやすくなります。

また、今度は血糖値が急降下する事で食欲の増長につながるとも言われているので注意が必要です。

引用元:https://www.tanita.co.jp/health/detail/25

・夜食はNG

夜食NGと書いていますが、筋肉を修復するためプロテインなどのタンパク質をとる分にはOKです。

ここでお菓子やカップラーメン、ジャンクフードを食べることがNGです。

寝る寸前に油っぽいものを食べてしまうと、エネルギーとして消費されず脂肪として体内に溜め込まれてしまいます。

引用元:https://www.lifehacker.jp/2018/04/165819full-stomach-mylohas.html

脂肪がつく仕組み

脂肪がつく要因として2つあります。

食事から直接摂取する場合と、余分に摂取したたエネルギー(炭水化物)から体内で作られる場合です。

https://smile-make-smile.com/omosiro/1368/

脂っこいものばかり食べれば脂肪がつくのは当然です。
そして体に蓄えきれなくなったエネルギーが脂肪に変わるのです。

動物は余分なエネルギーを摂取した際は、それを脂肪として蓄えて次の飢えに備えて生き延びるシステムを身に付けたのです。
 
でも、現代の食べ物が溢れている日本においては、このシステムが肥満を増大させる原因となってしまっています!

https://smile-make-smile.com/omosiro/1368/

つまり脂肪は人が生きていくための大切な機能だったのです。

脂肪を付けたくないのであれば、食べ過ぎと脂質を抑えた食事がカギになるわけなのです。

日頃から意識しておいた方がいい事

脂肪をつけないようにするためにも日頃からの注意が必要です。

Step1
脂質の少ない食材を調べてみる

Step2
その食材を買いに行く

Step3
炭水化物のドカ食いを防ぐために、食べる順番を自分の中で決めておく
(例、野菜を始めに食べてご飯は最後、など)

Step4
夜食はプロテインだけにする

などから始めてみてください。

まとめ

筋トレをするにあたって多少の栄養過多は仕方がありません。

しかし食事で気をつけることによって、脂肪のつきすぎは防ぐことができます。

・高タンパクな食事をとる
・炭水化物のドカ食いをしない
・夜食を食べない

これらを意識して生活に織り込んで見てください。

少しの意識と行動で変えられることだと思うので、少しづつ変えていっていくことで自分の体も変化するはずです。

細過ぎるコンプレックスを筋トレにより解消したい方必見!!

”たった半年で筋肉を5kg増やす❗️” 今ブログでは ●必ず成果を出す、あなたの筋肉が「最短で付く食事法」 ●簡単に作れる「オススメ食事メニュー紹介」 などについて書いています❗️ 思うように筋トレの成果が出ない、ガリガリでかっこ悪いと悩んでいる方はぜひコチラから⬇️