たんぱく質の不足によって起こる症状と対策

たんぱく質の不足によって起こる症状と対策

こんにちは。tatsukiです。

あなたはタンパク質しっかりとれていますか?

忙しさや時間の無さなどからついつい手を抜いてしまうという方へ。

タンパク質が足りないと筋肉の肥大はしない事はおろか、健康面での悪影響もあります。

筋トレ以前にタンパク質を摂る事は、自身の健康管理につながります。

今回は

タンパク質不足になると起こる症状と対策

について書いていこうと思います。

もし今から説明する症状に当てはまるのなら、意識的に摂取して
筋トレや私生活に活かしていきましょう。

どうしてタンパク質が必要なのか?

タンパク質によって筋肉や臓器、肌、髪、爪、体内のホルモンや酵素、免疫物質などを作り、栄養素の運搬を行っている。

https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=113&category=health

つまりタンパク質がないと、筋肉はもちろん髪、爪、肌などが作られず、ダメージを負うという状態になってしまいます。

筋トレするしないに関わらず、タンパク質は重要だということです。

そしてタンパク質不足の症状を知るということは、体から発せられる信号を知るということです。

この体からの信号をいち早く察知することで、より良い体調管理や筋力UPにつなげることができるのです。

タンパク質不足による症状

タンパク質不足による症状は次のものが挙げられます。

1.髪にコシがなくなる

タンパク質は髪の毛の構成にも一役買っています。

なのでタンパク質が不足すると、髪にコシがなく枝毛や切れ毛そして
薄毛の原因にもなります。

2.肌のハリツヤがなくなる

タンパク質が減るとコラーゲンも減ってしまいます。

その結果シワやたるみの原因につながるので要注意です。

3.集中力・思考力の低下

なんだか最近ぼーっとしたり、何も上手くいかないなと感じている人は要注意かもしれません。

なぜならタンパク質の不足により神経伝達物質の鈍化が起こり、集中力や思考力の低下している可能性があるからです。

引用元:http://cp.glico.jp/powerpro/protein/entry01/

どうやって補うのか?

タンパク質が足りない原因として、時間が取れない、忙しいなど様々なことが考えられます。

そこを解消するための方法を紹介していきます。

1.コンビニを利用する

時間がないときはコンビニを有効活用しましょう。
高タンパクなものはコンビニにも揃っています。

2.まずは3食しっかり食べることから

そもそもの原因として3食の食事を取れていない可能性があります。
先ずは3食しっかり食べることから始めて、食べる習慣をつけていきましょう。

3.サプリメントを使う

どうしても経済的、時間的な問題からタンパク質が取れないという場合は
プロテインなどのサプリメントから摂取しましょう。
手軽に摂取することができます。

日頃の習慣を見直す

タンパク質不足を防ぐためにも、

Step1
日頃の習慣を見直す

Step2
3食食べる習慣を身につける

Step3
バランスのいい食事を習慣化

という流れで改善して見てください。
足りない部分はサプリメントに頼っても構いません。

むしろ頼った方が時短や補給の面でメリットの方が多いと思います。

まとめ

タンパク質不足による症状

・髪にコシがなくなる
・肌にハリツヤがなくなる
・集中力、思考力の低下

対策

・コンビニを有効活用
・先ずは3食食べることから
・サプリメントを使う

と以上のことに気をつけて見てください。

日頃からの少しの意識ですぐに改善可能です。

筋肉UPにも健康維持にも気を使っていきましょう!

細過ぎるコンプレックスを筋トレにより解消したい方必見!!

”たった半年で筋肉を5kg増やす❗️” 今ブログでは ●必ず成果を出す、あなたの筋肉が「最短で付く食事法」 ●簡単に作れる「オススメ食事メニュー紹介」 などについて書いています❗️ 思うように筋トレの成果が出ない、ガリガリでかっこ悪いと悩んでいる方はぜひコチラから⬇️